尿漏れトラブルをすぐに解消する【女性の悩みサポート部隊】

看護師

利点の多い場所で治療する

医者

池袋は泌尿器科が比較的多く存在しています。泌尿器科の通院は他人に伝えにくい診療科なので、外出先として不自然ではない池袋は、通いやすさがメリットとなります。症状進行を防ぐためにも早めに受診しましょう。

View Detail

利用される地域とその特徴

女性

泌尿器科は腎臓や膀胱といった内臓の治療のほか、性病や包茎治療などにも対応しています。保険適用とそうでない治療もあるので注意が必要です。性病科がメインの病院は少ないので、泌尿器科で探すと良いでしょう。

View Detail

排尿障害の治療

自然

尿失禁は、泌尿器科で扱う病気の中でも特に多い排尿トラブルです。尿失禁は様々な原因で起こり得る症状であり、埼玉の泌尿器科では電気を使用した独自の治療を行っています。他の治療では改善が難しいケースにも効果が期待されているのが、この方法です。

View Detail

自分で改善するために

お尻

何が原因なのか

女性の約半数は尿漏れの経験があると言われています。女性の尿道は男性に比べて短く膀胱からまっすぐに伸びていることが原因です。また、骨盤底筋や腹筋などの筋肉が男性よりも弱いので尿漏れしやすくなってしまっています。骨盤底筋は子宮や卵巣、膀胱や直腸など、骨盤の中に納まっている多くの臓器を下の方で支えている筋肉なのですが、出産や加齢がきっかけで骨盤底筋の収縮が弱くなってしまうことが尿漏れの原因になっています。出産経験がなかったり、若い女性でも骨盤底筋などの筋肉が弱くなっていると、重いものを持ったりスポーツをしていて力を入れた拍子に尿漏れを経験した人が多くいます。これらの症状は自分で改善することも可能です。

骨盤底筋を鍛えるには

骨盤底筋は自分で簡単に鍛えることが出来ます。仰向けに寝て膝を立て、足は肩幅に開きます。その体制で肛門と膣を閉めて5秒ほどキープして力を抜きます。この体操を10回を1セットにして毎日行います。慣れてきたら通勤の電車の中などで、立ったままでも骨盤底筋を意識しながら行うことが出来ます。出産してからあまり時間が経っていない女性の場合、1ヶ月ほどは安静にしている必要があるのでその時期に行うことは避けましょう。また、主治医に相談してから始める時期を決めた方が良いでしょう。日常生活でも気を付ける点があります。便秘や肥満の予防です。お腹に溜まった便やお腹についた脂肪は膀胱を圧迫してしまうため、尿漏れを起こしてしまう可能性があるためです。尿漏れの症状が悪化してくると生活の質も落ちてきます。なので、早い段階で泌尿器科を受診しましょう。

女性特有の気になる尿漏れは、トレーニングによって改善することが可能です。しかし、それと同じように生活習慣を改善することによっても改善していくことができるのです。普段何気なく口にしている飲み物も利尿作用があるものは避けるようにしましょう。カフェインが含まれている飲み物を控えて、積極的に身体を温める効果のあるビタミンを摂取すると良いです。ビタミンはサプリメントを活用することによって効率良く摂取することが可能になっています。